ブログ

V開きジャケットとマーメイドスカートの編地の特性

Filierフィリエのジャケットとマーメイドスカートの編地の特性

 

FilierフィリエのV開きジャケットとマーメイドスカートは「添え糸編み」という機械編みならではの技法を使い、表側がメリノウール、裏側にポリエステル製の糸を添わせて1枚の編地に編み立てています。

表側はウオッシャブル加工のメリノウールで、もっさり感は無く、品の良い艶感が特徴。
裏側のポリエステルの添え糸で、編み地のダレて伸びてしまう欠点をカバーしています。

また、ご自宅で洗っていただけるので、気持ちよくご着用いただけます。

表側の糸と裏側の糸2本を一緒に編んでいるため、品質表示は「表側:毛(メリノウール)100% 裏側:ポリエステル100%」となっております。

この編み地については一般的ではないため、分かりにくいのですが、冬用衣料に「裏ボア」や「裏起毛」などがあるように、1枚の編地の裏表で違う素材になっているとお考えいただくとわかりやすいかと思います。

現在販売しています、3色の編地の表裏を写真に撮り、ショップの商品ページに追加掲載いたしました。

Filierフィリエ公式ショップ

こちらでも詳しくご紹介させていただきますね。

添え糸編みの編地の表裏

編み地の表裏を比較できるよう写真を撮ってみました。
ブラックとレッドは、裏側の糸も同色のため、写真ではわかりにくいですが、ブルーは裏側に黒糸を使用しているので、比較的わかりやすいですね。

このように、1枚の編地で表裏を使い分けることによって、それぞれの欠点を補ったり、機能をプラスαする、相乗効果が期待できます。
今回の場合は、裏側のポリエステル糸によってウールのダレや伸びを防ぎ、形を保つ効果があります。

 

こちらは以前SNSに投稿した写真ですが、このように、玉巻の糸(表側)と、コーン巻の糸(裏側)の2種類の糸を使って編んでいます。

 

 

1枚の編地に表裏別々の糸を使い、手編み機で丁寧に編むことによってこの編み地が完成します。
お手元に届きましたら、よーく見てみてくださいね。

Filierフィリエ公式ショップ

-ブログ

© 2022 Filier フィリエ オリジナルニットデザイン